読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人魚に書物とえだ豆を。

こんなにもらってもいいんですか?

国盗り物語

 

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)

 

 p299 「人間は死ねばどこへゆく。ひとことで教えてくれ。」

「 坊主にまかせる、任せて考えぬ、これがサトリでござりまする。」

「任せるだけか」

「その‘だけ’に、人間到達できれば、もはや大覚者でございます。死は坊主にまかせる、まかせて楽しく生を送る、それが達人の生き方というものでござりましょう」

 

豆感想→堅苦しいが、思った以上によみやすい。これが、織田信長の直前の軌跡。光が強ければ影も濃く、しかし、影にも光があたる。それとも、影があるから光がみえる、のか